スタッフブログ

2020年

7月

08日

バナナ

こちらの茶色の葉っぱ。バナナの苞葉です。この葉の内側に、花が咲きます。上のあたりを、よーく見るとバナナの赤ちゃんが出来てきています。バナナの成長を見たい方は、植物園温室入口の前にありますので、ぜひ観察してみてください。

葉の内側に花が咲いています

2020年

7月

03日

ふわっふわっ

保内公園内のスモークツリー。ふわふわ綿あめのような姿がかわいらしです。そして、この木姿…寝そべっているように見えませんか。バラ園近くに寝そべっていますので、探してみてください。

2020年

7月

01日

タコノキ

熱帯植物園温室にある「タコノキ」。こちらの実、遠くから見るとパイナップルに似ていて、よく「パイナップルがたくさんなってるね~」と話している声がちらほら。果実は集合果ですが、オレンジ色に熟すと実がポロポロと落ちて、タコノキの下には、落ちた実が転がっています。タコノキの下を通られる際には、頭上注意でお願いします。

2020年

6月

29日

レモンちゃん

小さな実がつき始めました。小さいながらも、皮のブツブツもあります。夏の終わりには、収穫できるといいな。

2020年

6月

26日

あじさい

今日は、ジメジメとした梅雨らしい天気になりましたね。雨が似合う花、あじさいが咲いています。保内公園にある、ほとんどのあじさいの品種は「ハイドランジア」です。ハイドランジアは、「水の器」を意味するギリシャ語だそうです。雨が降るとキラキラして見えるのも納得ですね。

2020年

6月

25日

剪定を行いました

6/23㈫園内一斉剪定作業を行いました。保内緑の里管理組合員の皆さま、いつも公園管理に協力していただき、ありがとうございます。剪定作業をする事で、見た目が美しくなる事はもちろん、風通しが良くなったり、生長の促進・病害虫の予防にもなります。美しい緑をゆっくり眺めて、リフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

 

剪定前

剪定後

2020年

6月

22日

藤の実

藤棚から、だら~んと垂れ下がっている藤の実。形はさやいんげんに似ています。先日、遠足に来ていた子供達は、藤の実を見つけると「ふじまめ、ふじまめ!」と大はしゃぎしていました。藤棚にぶら~んとなっていますので、ぜひ探してみてください。

2020年

6月

19日

金糸梅

鮮やかな黄色の花を咲かせる金糸梅。見ごろを迎えています。花言葉は「太陽の輝き」。金糸のように見える雄しべと、鮮やかな黄色い花びらが、太陽が美しく輝く姿を想像させることから付けられたそうです。この花を見かけたら、近寄って花の中にある金糸も見てみてくださいね。

2020年

6月

18日

山の整備

保内公園では、緑の募金「子供たちの未来の森づくり事業」を実施しております。保内緑の里管理組合員のみなさんに協力していただき、自然歩道付近の整備を行いました。木や竹の伐採を行った事で、見晴らしがとても良くなり、自然歩道に、明るい光が差し込むようになりました。弥彦山や角田山もはっきりと見えます。天候によっては、佐渡ヶ島が見える事も。展望台までは、片道15分かかります。そこまではちょっと…と思われる方は、自然歩道からの景色を楽しまれては、いかがでしょうか。

2020年

6月

17日

何時何分?

先日、UX『まるどりっ!』でも紹介されました、時計草(トケイソウ)が咲いています。花の形を時計の文字盤に見立てたことから時計草(トケイソウ)と言う名前が付いたそうです。上から見てみると、「確かに~」と納得。そして、この花のすごさは、雄しべをよく見ると、午前か午後かがわかるそうで!早速、観察してみました。朝の雄しべは上向き、午後からはなんと反転して、下向きに。なんとも不思議な植物です。まだまだ、楽しめますので、植物園温室で探してみてください。